そばかすの原因は遺伝って本当? 効果的な予防・対策法は?|スキンケア

そばかすの原因は遺伝って本当? 効果的な予防・対策法...

そばかすの原因は遺伝って本当? 効果的な予防・対...

そばかすの原因は遺伝って本当? 効果的な予防・対策法は?

そばかすはシミの一種ですが、遺伝的要因が大きく関係しているってご存じでしたか? 
そばかすの原因を、できやすい人の特徴から紐解いてみましょう。「そばかすの予防や対策をしたい」「メイクでそばかすを隠す方法を知りたい」という方も必見です。

そばかすがシミの一種であることは知られていますが、発生原因や対策方法など、意外と分からない点も多いですよね。
一般的なシミとはどう違うのか、悪化を予防するケア方法、上手に隠すメイク方法と一緒にチェックしてみましょう。

そばかすとシミとの違い

そばかすの特徴

そばかすは、雀の卵殻のような見た目をしていることから「雀卵斑(じゃくらんはん)」とも呼ばれるシミの一種です。白人の方や、生まれつき肌の色が白い方にできやすく、思春期に濃くなる傾向があります。
成人になると薄くなるといわれていますが、体質や環境によっては、そばかすが濃くなってしまうことも。そばかすができやすい方は、たとえ思春期を過ぎても十分な対策を心がけることが大切です。

シミとの違い

一般的なシミは「老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)」といい、そばかすとは見た目が異なります。シミの大きさは人によってさまざまですが、そばかすは直径1~5mmと細かく小さいのが特徴です。

そばかすができる原因は?

遺伝

そばかすの発生には遺伝が大きく関係しています。そもそも私たちの体内に存在するメラニンは、黒褐色のユーメラニンと、黄色や赤色のフェオメラニンの2種類に分けられます。この2つのメラニン量は遺伝によって決まるのですが、フェオメラニンの含有量が多い方は肌の色が白く、そばかすができやすい体質になるのです。このことから、そばかすのある親から生まれた子どもは、必然的にそばかすができやすい体質だと考えられます。

紫外線

紫外線は一般的なシミ(老人性色素斑)の原因になることで知られていますが、実はそばかすが生じるきっかけにもなります。体質的にそばかすができやすい方が紫外線を浴びると、その刺激から肌を守るためにメラニンが過剰に作られ、そばかすになってしまうのです。もともとあったそばかすが濃くなったり、大人になって急に現れたりすることもあるので、対策を万全におこなうことが大切です。

そばかす対策におすすめの対処法

紫外線対策をする

そばかすには遺伝が関係していますが、発生や悪化を防ぐためには、紫外線対策が欠かせません。できるだけ毎日日焼け止めを塗り、外出時にはUVカット効果のある帽子や日傘などを併用しましょう。
日焼け止めは汗や皮脂で落ちてしまうので、2~3時間おきに塗り直すことも忘れないでくださいね。外出先での塗り直しには、手軽に使えるパウダータイプがおすすめです。

肌に刺激を与えない

そもそもシミやそばかすの元となるメラニンは、肌の細胞を刺激から守るために作られる物質です。そのため、肌に強い刺激を与えると「メラニンを作って肌を守れ!」という指令が出て、そばかすが濃くなってしまうことがあります。
肌が傷つけば、バリア機能が衰えてさまざまなトラブルの原因にもなります。そばかすを防ぐとともに、健やかな肌を守るために、ゴシゴシとこするようなスキンケアやメイクは控えましょう。

ビタミンCを積極的にとる

ビタミンCはメラニンの生成を抑えるとともに、黒色メラニンを淡色に還元する働きがあるため、シミやそばかす対策に効果的です。ビタミンCを多く含む食品を積極的に食べたり、ビタミンC誘導体配合の化粧品を使ったりして、肌の内外からアプローチしましょう。

そばかす対策におすすめの化粧品は?

そばかすの対策には、以下のようなUVカットアイテムがおすすめです。刺激が少ないため、毎日使っても安心ですよ。石けんで落とせることも、嬉しいポイントです。

■ナチュラグラッセ モイスト BBクリーム
『ナチュラグラッセ モイスト BBクリーム』は、UVカットとベースメイクが同時にできる優れもの。くすみや毛穴をカバーしながら、紫外線から肌を守ります。



■チャントアチャーム UVフェイス&ボディプロテクター
そばかすは顔だけでなく、肩や背中にもできやすいってご存じでしたか? 『チャントアチャーム UVフェイス&ボディプロテクター』なら全身に使えるため、体のそばかす対策にも期待できます。



■ナチュラグラッセ UVプロテクションベースN
『ナチュラグラッセ UVプロテクションベースN』は、SPF50+/PA+++と高いUVカット効果があります。乳液のようなみずみずしいテクスチャーで、少量でよくのびるので、薄膜で、きしみや負担感のない、やさしい仕上がりを叶えます。

そばかすを隠したい! メイクのコツとおすすめアイテム

コンシーラーで隠す

ファンデーションだけでそばかすを隠そうと思うと、厚塗りになり、かえって老けた印象になってしまうことも……。カバー力の高いコンシーラーを部分的に使って、そばかすの目立たないナチュラル肌をつくりましょう。

コンシーラーでそばかすを隠す方法

① 化粧下地やBBクリームを顔全体に塗る
② コンシーラーをそばかすが気になる部分に乗せる
③ 指の腹を使ってやさしくなじませる
④ パウダーファンデーションやルースパウダーを薄く重ねる

イエロー系のカラーコントロール下地を使う

イエロー系のカラーコントロール下地には、そばかすをぼかし、目立たなくする効果が期待できます。コンシーラーより伸びがいいので、広範囲のそばかすにお悩みの方におすすめです。

カラーコントロール下地でそばかすを隠す方法

① 化粧下地を顔全体に塗る
② カラーコントロール下地をそばかすが気になる部分になじませる
※重ね塗りやコンシーラーとの併用も効果的です。
③ パウダーファンデーションやルースパウダーなどを薄く重ねる

そばかすカバーにおすすめのアイテム

■ナチュラグラッセ コレクティング スティック
『ナチュラグラッセ コレクティング スティック』は部分用ファンデーションですが、コンシーラー代わりにも使える優れもの。
「03:ライトカラー」をそばかすが気になる部分に直接塗り、指の腹でトントンとなじませましょう。



■ナチュラグラッセ カラーコントロール ベース
肌の凹凸や色ムラを補正するカラーコントロールベース。そばかすのカバーには「03 イエロー」がおすすめです。
SPF32/PA++だから、そばかすやシミの予防にも役立ちます。

まとめ

今回は、意外と知られていないそばかすの原因や対策方法についてご紹介しました。そばかすができやすい体質の方は、日々の紫外線対策がとても重要です。「遺伝だから仕方がない」と諦めずに、今できることを続けていきたいですね。

スキンケアにお悩みの方におすすめのお試しセット!

チャントアチャーム トライアルセットバイオラブ トライアルセット

一覧ページへ