ホーム コラム一覧 コラム

コラム一覧

ブランド

コラム

「ポツンと目立って治りにくい……」首ニキビの原因とケア方法

(2018年2月19日)

「ポツンと目立って治りにくい……」首ニキビの原因とケア方法

ニキビは顔にできるもの、というイメージがありますが、首筋や首との境目にできることもあります。
特に首は衣類でこすれやすいため、一度ニキビができると治りにくく、悪化しやすいというデメリットも……。
首ニキビが発生する原因とケア方法の両方を詳しく見ていきましょう。

首ニキビが発生する原因


≪ホルモンバランスの乱れ≫

首ニキビは大人ニキビの代表格ともいわれていて、ホルモンバランスの乱れが直接的原因になります。
ストレスなどで男性ホルモンの分泌が活発になると、皮脂の量が増えて首ニキビができやすくなるのです。

≪シャンプーなどのすすぎ残し≫

首についたシャンプーやトリートメントが十分にすすぎ流せていないと、雑菌が繁殖してニキビができてしまいます。
髪が首にかかる人は、毛先の刺激や整髪剤なども首ニキビの原因になってしまいます。

≪血行不良≫

首周りの血行が悪いと、肌のターンオーバーが乱れて首ニキビができやすくなります。
姿勢が悪い人、運動不足の人、首や肩がこりやすい人は、血行不良が原因のニキビを招きやすいでしょう。

頭皮のベタつきを防ぐ皮脂ケア方法

首ニキビのケア方法


≪睡眠や食生活を見直す≫

睡眠不足や栄養不足が続くと、ホルモンバランスが乱れて首ニキビができやすくなります。
そのため夜更かしや、無理なダイエットは禁物です。
早めに寝たり、バランスの良い食事を心がけたりして、体内から首ニキビをケアしていきましょう。

≪ストレスを溜めない≫

ストレスもホルモンバランスの乱れを招く原因になります。
できるだけストレスになるようなことを避けて、溜めてしまったら趣味や運動などで発散しましょう。

≪髪→体(首)の順番で洗う≫

入浴中、体(首)→髪の順番で洗うと、シャンプーやトリートメントが首に残ったままになってしまいます。
残留成分でニキビを作らないために、髪→体(首)の順番で洗うようにしましょう。
お風呂では洗顔料も首に残りやすいので、洗顔後も首までしっかりすすぐことがポイントです。

≪首周りのストレッチをする≫

首周りのストレッチをすると、血行が良くなり肌のターンオーバーも整いやすくなります。
血行が悪くなりやすいデスクワーク中などは、こまめに休憩を挟んで首や肩を動かしましょう。
首を前後左右に伸ばしたり、肩を大きく回したりすると、血の巡りがぐっと良くなりますよ。

≪マフラーやストールを清潔に保つ≫

首に巻くマフラーやストールには、意外とたくさんの汗が付着し、雑菌が繁殖しています。
洗わずに使い続けていると首ニキビを招く原因になるので、定期的に洗って清潔に保ちましょう。

首ニキビはメイクで隠せないため、意外と目立ってしまう肌トラブルです。
普段から首のケアまで意識して、ニキビの発生を防いでいきましょう。

ページの一番上へ