全品送料無料キャンペーン! 5月31日まで

ホーム コラム一覧 コラム

コラム一覧

ブランド

コラム

冬は頭皮も乾燥する!? かゆみやフケを防ぐ地肌の保湿ケア方法

(2017年12月15日)

冬は頭皮も乾燥する!? かゆみやフケを防ぐ地肌の保湿ケア方法

冷たく乾いた風が吹きつける冬は、肌の乾燥が気になる季節です。
毎朝毎晩のスキンケアを欠かさないという女性は多いですが、頭皮ケアにまで目を向けている方は少ないでしょう。
実は、空気の乾燥が進む冬は、肌と同じように頭皮も乾燥する季節。
頭皮のケアを怠ってしまうと、乾燥がきっかけでかゆみやフケなどのトラブルが起きてしまうかもしれません。
健やかな頭皮を守るためにもトラブルの原因を探り、頭皮ケアの方法を学んでいきましょう。

冬に頭皮が乾燥する原因&トラブルとは?

●乾燥した空気に水分が奪われる
冬の乾いた風は肌の水分を奪って蒸発させ、カサつきを招きます。
普段はあまり意識していませんが、頭皮も顔の肌と1枚でつながっているもの。顔の肌が乾燥するということは、当然頭皮も乾燥してしまうのです。
また、顔やボディの肌は保湿クリームなどでケアができますが、頭皮にはクリームなどを塗ることができません。
これにより、頭皮はより一層乾燥による影響を受けてしまい、フケやかゆみを引き起こします。

●頭皮の血行不良が乾燥を引き起こす
冬は乾燥が厳しいシーズンですが、同時に気温が低くなる季節でもあります。
気温が低下して寒さを感じると、頭皮の血管が収縮して血行不良を招きます。
すると頭皮に栄養が運ばれにくくなるため皮脂の分泌にも影響が及び、十分に皮脂が分泌されなくなってしまうのです。
皮脂が不足すると頭皮の表面を守る皮脂膜の不足にもつながり、さらに水分が減少しやすくなります。フケやかゆみの原因になる上に、髪のパサつきや切れ毛などが起こることもあります。

●高温のお湯でシャンプーをしている
寒さが厳しい冬シーズンは、毎日のお風呂が楽しみになりますよね。
1日の疲れや体の冷えを解消してくれるバスタイムは至福のひと時です。
しかし、いくら寒いからといって熱すぎるお湯を使用してシャンプーするのはNG。
温度の高いお湯を使用すると、頭皮に必要な皮脂まで流してしまうため乾燥の原因になります。
これと同様に、シャンプーのやりすぎや過度な摩擦も頭皮の乾燥を招くため注意が必要です。

冬の乾燥から頭皮を守る! おすすめのケア方法

冬の乾燥から頭皮を守る! おすすめのケア方法

●スカルプエッセンスやオイルで頭皮ケアを行う
頭皮の乾燥を防ぐためには、スカルプケア用のアイテムを使用してマッサージを行うのがおすすめです。
スカルプエッセンスやオイルを頭皮に塗布することで栄養が与えられ、頭皮を健やかな状態に整えることができます。
同時にマッサージを行うと血行不良が改善され、ダブルで嬉しい効果を得ることができますよ。
スカルプエッセンスやオイルを頭皮になじませたら手を大きく開いて10本の指で頭を包み込み、小さく円を描くようにグルグルとマッサージを行いましょう。
このとき、摩擦を与えると刺激が加わってしまうため、頭皮の上で指を滑らせないよう注意してください。

●人肌程度のお湯でシャンプーをやさしく行う
「ダブルシャンプーは欠かせない」「朝晩どちらもシャンプーをする」という方は頭皮が乾燥しやすくなっています。
シャンプーの回数は1日1回にとどめ、汚れが気になる場合にはシャンプー前の予洗いをしっかりと行いましょう。
このとき使用するお湯は人肌程度のぬるま湯に設定するのがポイントです。
また、洗い流しが足りないと頭皮の毛穴詰まりなどのトラブルが起こるため、しっかりとすすぐことが大切です。
とくにシャンプーの場合はすすぎ残しが多いため、泡が切れてからさらに1〜3分程度洗い流すことをおすすめします。

スキンケアを行って肌を健やかに保ち、キレイに流行のメイクを施していても頭皮や髪にトラブルがあっては、お出かけする際のモチベーションまで半減しがちです。
スキンケアやボディケアと同じくらいに頭皮にも気を使い、頭の先までうるおいを守りましょう。

ページの一番上へ