マイ ファースト オーガニック キャンペーン

ホーム コラム一覧 コラム

コラム一覧

ブランド

コラム

1日中ぱっちり目元! まつ毛をしっかりカールさせる6つのコツ

(2017年12月4日)

1日中ぱっちり目元! まつ毛をしっかりカールさせる6つのコツ

メイクの最重要ポイントといえば、やはりアイメイクでしょう。
特に「ぱっちりとした愛くるしい目元を作りたい!」と思っている女性は多いはずです。

そのためには、目の大きさを強調する”まつ毛”をしっかりとカールさせる必要があります。
では、どのような方法でカールをつけるべきなのか、詳しく探ってみましょう。

まつ毛のカールが落ちてしまう理由とは

「朝、ビューラーでまつ毛をカールさせたのに、夕方には下がってしまっている……」ということは、多くの女性が経験しているはずです。
実はこれは、日本人特有のまつ毛が原因です。

日本人のまつ毛は欧米人と違って直毛のため、軽くカールをつけたくらいでは時間とともに下がってきてしまうのです。
では、そんな直毛まつ毛をしっかりカールさせるコツを見ていきましょう。

まつ毛のカールをしっかりつけるコツ

まつ毛のカールをしっかりつけるコツ

1. ビューラーを正しく使う
まつ毛をカールさせるうえでもっとも重要なのは、ビューラーの使い方です。
大事なのは、まつ毛を3段階に分けてカールさせること。

まずはまつ毛の根元をやや強めの力で挟み、真ん中を中くらいの力で、毛先を弱めの力で挟んでいきましょう。
力加減を「強→中→弱」と変えていくことで、綺麗なカールがつきやすくなります。

2. ビューラーのチェックも忘れずに
ビューラー本体やゴム部分が劣化していると、カールが綺麗につかない原因になります。
ゴムは2〜3ヶ月に1回は交換し、本体が変形しているようなら新品のものに買い替えましょう。

3. ホットビューラーを使う
「通常のビューラーではカールが落ちやすい」と感じているなら、ホットビューラーを使用しましょう。
髪の毛と同じで、熱を加えることでカールが保たれやすくなります。
ただし何度も熱を加えるとまつ毛が傷んでしまうので、なるべく1回で上げるようにしてください。

なお、ホットビューラーがない場合は、通常のビューラーのまつ毛が当たる金属部分を、ドライヤーで10秒ほど温めてから使いましょう。
目元に当てる前に熱すぎないかチェックしてから使用してください。

4. マスカラ下地を使う
マスカラ下地を使うことで、ビューラーで作ったカールが保たれやすくなります。
カールタイプのマスカラ下地を選ぶと、さらにキープ力が高まります。

5. カールタイプのマスカラを使う
マスカラもカールタイプを選ぶと、よりGOOD!
ただしマスカラをつけすぎると重みでカールが下がりやすくなるので、1〜2回つける程度にしましょう。

6. ドライヤーの冷風を当てる
マスカラを塗ったら、ドライヤーの冷風を顔の下から当てて乾かしましょう。
マスカラを即時に乾かすことで、カールキープ力がアップします。
なお、くれぐれも温風を当てないように気をつけてください。

以上、まつ毛をしっかりカールさせるためのポイントをご紹介しました。
くるんとした理想的なまつ毛を作って、目元の印象を高めてみてはいかがでしょうか。



佐藤由里香(さとうゆりか)
メイク、コスメライター。フリーのライターを目指しWeb制作会社に入社後、紙面やWebコラムでの実績を積む。
人生のモットーは「自分磨き」。
得意ジャンルはメイク、コスメ、スキンケア、女性のトレンド系。

ページの一番上へ