マイ ファースト オーガニック キャンペーン

ホーム コラム一覧 コラム

コラム一覧

ブランド

コラム

今さら聞けない! 美容液の種類や働き&正しい使い方

(2017年11月29日)

今さら聞けない! 美容液の種類や働き&正しい使い方

基礎化粧品にはさまざまな種類がありますが、美容液にもいくつかの種類があるってご存じでしたか?
美容液は正しい使い方をすることで、初めてそのパワーが発揮されます。

より効率の良いスキンケアを行うために、美容液の種類や使い方について詳しく探ってみましょう。

美容液の種類と働き

美容液の種類と働き

≪保湿美容液≫
セラミドやヒアルロン酸など高保湿成分を肌に与えることで、乾燥を防ぐ美容液です。
「化粧水や乳液などの基礎化粧品だけだと肌が乾燥しやすくなってきた……」と感じている方におすすめです。

≪シミ対策美容液≫
メラニンの生成を阻害する成分を補うことで、シミやそばかすを防ぎます。
このタイプの美容液には、ビタミンC誘導体やトラネキサム酸などの成分が配合されています。

≪エイジングケア美容液≫
年齢肌が気になる方には、抗酸化成分を含んだエイジングケア美容液がおすすめです。
ハリの低下、シワやたるみが気になる場合は、いつもの基礎化粧品にプラスしてみましょう。

≪ニキビ対策美容液≫
ビタミンC誘導体やグリチルリチン酸などを肌に与えることで、ニキビを防ぎます。
オイルフリータイプや、ベタつきにくいものが多いのが特徴です。

美容液の正しい使い方

≪基本の使用順は化粧水→美容液→乳液・クリーム≫
美容液を使う順番は、基本的に「化粧水をつけた後」です。
肌の水分量が上がっているときに美容液をつけることで、美容成分が角質層により浸透しやすくなるといわれています。
ただし製品によっては洗顔後すぐにつけるタイプや、スキンケアの最後につけるタイプもあるので、説明書をよく読んで正しい順番で使用しましょう。

≪適量を使う≫
「高価な美容液だから……」と、つける量を節約してしまっていませんか?
上でご紹介したような働きは、美容液を適量つけたときに現れるものです。
この場合も説明書をよく読み、必ず適切な量を使うようにしましょう。

≪優しくなじませる≫
肌に美容成分を浸透させたいからといって、美容液をすり込んでつけるのはNGです。
肌表面に細かな傷がつき、かえって肌荒れしやすくなってしまいます。

美容液は他の化粧品を同じように、優しくなじませることが大切です。
特にデリケートな目元や口元につけるときは、力の入りにくい薬指を使いましょう。
さらに最後は手のひらでハンドプレスをするとなお良いです。

以上、美容液の種類や使い方についてお伝えしました。
もし基礎化粧品だけで不満を感じ始めているなら、ご紹介したような美容液をいつものスキンケアにプラスしてみてはいかがでしょうか。



浅香恵(あさかめぐみ)
マルチライター。書籍出版社に就職経験があり、好奇心旺盛な性格を生かし新しいもの・トレンドを発信しようとマルチライターになる。
オーガニックコスメ店や輸入雑貨店での勤務経験もある。
得意ジャンルはトレンドネタ、女性向け全般、趣味、料理。

ページの一番上へ