マイ ファースト オーガニック キャンペーン

ホーム コラム一覧 コラム

コラム一覧

ブランド

コラム

グロスで自然&上品リップを作るメイクテクニック

(2017年11月17日)

グロスで自然&上品リップを作るメイクテクニック

ひと塗りするだけで、唇をふっくら艶やかに見せてくれるグロス。
濡れているかのようなツヤツヤ唇は、女性らしさや美しさを引き出してくれるパーツです。

とはいえグロスをつけすぎてしまうと、ツヤを通り越してテカテカになってしまいます。
グロスで自然にボリュームアップをし、ナチュラルなツヤ感を作るには一体どうしたらいいのでしょうか。
今年トレンドのメイクテクニックとあわせてご紹介いたします。

不自然にならないグロスメイクのコツとは?

・グロスは唇の中央のみに
グロスには唇を艶やかに見せるために、光る成分や増粘剤などが含まれています。
そのためグロスを唇全体にのせてしまうと、ベタベタとした印象になってしまいます。
清潔感のある唇に見せるためにも、グロスは唇の中央だけにのせるようにしましょう。

・伸ばすときはリップブラシを使うと◎
唇の中央にグロスをのせた後は左右に少し伸ばすと、適度にふっくらとした唇になります。
グロスを伸ばすときは、リップブラシを使いましょう。
唇の中央から口角に向かって伸ばすと、ツヤのグラデーションができて上品な印象に仕上がりますよ。

・つけすぎたときはティッシュオフを
グロスをつけすぎてしまったときはそのままにせず、一度ティッシュオフをしましょう。
ティッシュが余分なグロスを取り除いてくれるので、しっとり感を残しつつ不自然さを解消することができます。

ちょっとの工夫でトレンドリップに! グロスのアレンジメイク術

グロスは口紅の後に塗るものというイメージがありますが、あえて先にグロスを塗ることでツヤ感を自然に抑えることができます。
さらに、先にグロスをつけておくと、後に塗る口紅の発色が柔らかくなる上に、グロスのツヤも抑えられます。

また、グロスをつけておくと、唇の縦ジワが目立たなくなるため、ぷりっとハリのあるリップになります。
ベタベタとした唇は避けたいけど、適度に色っぽさを出したいというデートメイクに最適です。

要チェック! グロスを塗るときに知っておきたいポイント

グロスに含まれる光る成分や増粘剤などは、唇に刺激を与えてしまうことがあります。
唇が荒れやすい方は、まずリップクリームを先に塗り、その上からグロスを重ねましょう。
先ほどご紹介したグロスのアレンジメイクも、事前にリップクリームを塗ってからおこなってくださいね。

また、グロスはチップで塗るものやチューブ式のものなどがありますが、どのタイプを塗るときもリップブラシを使うのがおすすめです。
チップや指先で塗ると、唇からはみだしやすいため、不自然な仕上がりになってしまいます。
少しずつブラシにとり、適量を塗るようにしましょう。

大人ニキビのケア方法

グロスを上手に使うことで、上品でセクシーな大人の魅力を引き出すことができます。
今回ご紹介したグロスの使い方を身につけて、ワンランク上の魅力的な女性を目指しましょう。

ページの一番上へ