マイ ファースト オーガニック キャンペーン

ホーム コラム一覧 コラム

コラム一覧

ブランド

コラム

【メガネ女子必見】メガネのレンズ越しでも美人になれる上級メイク術

(2017年10月30日)

【メガネ女子必見】メガネのレンズ越しでも美人になれる上級メイク術

ファッションに合わせてメガネをしたり、知的なイメージを演出するためにあえてメガネをかけるという女性も多いでしょう。 しかし、普段からメガネを使用しているメガネ女子の中には、「メガネをかけるとメイクが映えない」というお悩みを持つ方もいるのでは? たしかに、せっかくメイクをしているのに、メガネのせいでメイクが見えづらくなるのはもったいないですよね。そこで今回は、メガネ女子のメイク悩みを解決するためにも、上手なアイメイクの上級テクニックをご紹介いたします。

まずは眉から見直して! メガネ女子におすすめのアイブロウメイク

メガネの奥の目を引き立てようとすると、どうしてもアイメイクばかりに注目しがちですが、実は眉も重要なポイントになります。 眉を描くときには、髪色や顔の形だけを意識するのではなく、メガネのフレームカラーやレンズの形状に注目するのがポイントです。 フレーム付きのメガネをつけている場合には、淡いブラウンなどの主張しすぎないカラーで自然な眉を描くのがおすすめ。眉を濃くしてしまうと、フレームと眉の印象が強くなり、目元が薄く見えてしまいます。 また、フレームなしのメガネの場合には、ブラックやダークブラウンのアイブロウを使用し、しっかりと濃い眉を描くのがオシャレです。

レンズの奥でも印象アップ! まつげはマスカラでバサバサに

メガネをかける場合、きちんとまつげメイクをしていないと目元に影が落ちて暗い印象になってしまうことがあります。マスカラをたっぷりと塗ってビューラーで上向きに上げ、パッチリとした目元を作っていきましょう。 この時使用するマスカラは、カールをキープしてくれるアイテムを選ぶのがおすすめ。 きちんと乾かしてからまつげをカールさせて眼鏡をかければ、マスカラがレンズに付着する心配もありません。 まつげの印象をよりアップさせたいという場合には、マスカラ下地を取り入れたり、ブルーやレッドなどのカラーマスカラを使うという方法もありますよ。

目を大きくパッチリと! アイラインやアイシャドウのコツ

近視の方は、デカ目メイクを目指して、アイラインを黒目の上だけに入れるのがポイントです。黒目の上にラインを入れることで、瞳が強調されて目を大きく見せることができます。 アイラインを控えめにした分、アイシャドウはグラデーションを作るのがコツ。上まぶたのアイホール全体に肌馴染みのいいベージュカラーを塗り、まつげのキワに向かって濃くなるようにブラウン〜ダークブラウンをグラデーションになるよう、ぼかしながら塗りましょう。グラデーションにすることで縦の幅が強調されるため、目が小さく見えるのを防ぐことができます。 また、もともと目が大きく見せる遠視用のメガネをかけている場合には、目をハッキリと見せるためにアイラインに力を入れるのがポイント。アイシャドウはラメ系を単色塗りにしてナチュラルに仕上げ、アイラインは目頭から目尻にかけてしっかりと引きましょう。目尻は少し跳ね上げるようにすると、キリっとした目元が完成します。

ハイライトはどのパーツに入れたらいい?

メガネに映えるアイメイクを修得することで、メガネ女子ならではの知的でミステリアスな魅力をアップさせることができます。 レンズの奥の目元に思わず見とれてしまうようなアイメイクを仕上げましょう。

ページの一番上へ