マイ ファースト オーガニック キャンペーン

ホーム コラム一覧 コラム

コラム一覧

ブランド

コラム

ターンオーバーが乱れる原因は? 周期を整えるためのスキンケア方法

(2017年10月25日)

ターンオーバーが乱れる原因は? 周期を整えるためのスキンケア方法

“ターンオーバー”とは、皮膚の一番外側にある“表皮”の生まれ変わりのサイクルを表した言葉です。
表皮は4つの層で分けられていて、1番下から「基底層(きていそう)」「有棘層(ゆうきょくそう)」「顆粒層(かりゅうそう)」「角質層(かくしつそう)」という順番になっています。
基底層から細胞が徐々に押し上げられ、角質層に到達して垢として剥がれ落ちる流れをターンオーバーというのです。

このターンオーバーのサイクルが乱れると、シミやくすみなどができやすくなるなど、トラブルの絶えない肌になってしまいます。
健やかな肌を保つためにも、ターンオーバーが乱れる原因やサイクルを整えるためのスキンケア方法を学んでおきましょう。

ターンオーバーが乱れる原因とは?

ターンオーバーが乱れる原因には、以下のようなものがあります。

・加齢
・乾燥
・紫外線
・間違ったスキンケア(過度な洗顔、保湿不足など)
・睡眠不足
・冷え
・ストレス
・食生活の乱れ
・ホルモンバランスの乱れ など

これらはほんの一部で、他にもさまざまなことがターンオーバーを乱れさせる引き金となります。
加齢や外部刺激、生活習慣の乱れなどで新陳代謝が衰えると、肌が生まれ変わる力も衰えて、ターンオーバーが正常に行われなくなってしまうのです。

ターンオーバーの本来の働きって?

ターンオーバーが正しく行われていれば、古くなった角質が自然と剥がれ落ちるため、シミやくすみなどの肌トラブルがない透明感ある肌を保つことができます。
水分と油分のバランスが整った、キメの細かい肌になれるのです。

また、剥がれていく古い角質には肌の内側に蓄積されたメラニン色素も含まれているため、シミやニキビ跡もできにくくなります。
さらに、ターンオーバーが正常に働いている場合、肌のバリア機能もしっかりと活動してくれるため、敏感肌やニキビに悩まされない、強い肌を維持することにもつながります。

ターンオーバーを整えるスキンケア方法

・優しく丁寧な洗顔をする
ターンオーバーを整えるためには、洗顔方法を見直すことが大切です。
洗顔で古い角質や酸化した皮脂を取り除くことで、ターンオーバーを正常化することができます。

ただし、肌をゴシゴシと傷つけるような洗顔はNG。必要な角質まで剥がれて、ターンオーバーが早まってしまいます。
ターンオーバーが早まることは肌にとっていいことにも思えますが、まだ成長しきっていない未熟な角質が表に出てきて、バリア機能の低い肌になってしまいます。
洗顔時にはたっぷりの泡で肌を傷つけないように洗い、その後は丁寧にすすぎ流しましょう。

・十分な保湿ケアをする
肌が乾燥していると、角質が硬くなってターンオーバーが遅れてしまいます。
洗顔後やバスタイム後は、化粧水や乳液などの基礎化粧品でしっかりと保湿ケアをして、うるおった柔らかい肌に保ちましょう。

・紫外線対策
紫外線を浴びると、肌を早く修復させようとしてターンオーバーが早まってしまいます。
そのため、紫外線対策はシミを防ぐためだけでなく、ターンオーバーを整えるためにも欠かせません。
日焼け止めを塗ったり、日傘や帽子などを利用して、紫外線をシャットアウトしましょう。

オーガニック生活の始め方

今回は、スキンケアを中心にご紹介しましたが、ターンオーバーを整えるためには、スキンケアだけでなく生活習慣も見直す必要があります。
規則正しい生活とバランスのいい食事を心掛けて、体の内側からも肌のターンオーバーを整えていきましょう。

ページの一番上へ