マイ ファースト オーガニック キャンペーン

ホーム コラム一覧 コラム

コラム一覧

ブランド

コラム

敏感肌の女性必見!「顔の産毛処理後」のアフターケア方法

(2017年10月2日)

敏感肌の女性必見!「顔の産毛処理後」のアフターケア方法

鼻の下や口周り、額や頬など、顔のいたるところに生えている産毛。
産毛処理をするとメイクのノリがよくなったり、肌がワントーンアップしたりとメリットがたくさんあります。
しかし、「顔の産毛を剃ったあとには決まって肌が荒れてしまう……」と悩む敏感肌の方は多いもの。
肌荒れのリスクを軽減するためには、産毛処理後のアフターケアをしっかり行うことが大切です。
敏感肌にはどのようなアフターケアが必要なのか、注意点とあわせてご紹介します。

敏感肌向け「顔の産毛処理後」のアフターケア方法

・肌を冷やす
産毛を処理した直後の肌は、普段よりも一段と敏感な状態になっています。
敏感肌特有の赤みやヒリヒリ感を未然に防ぐためには、肌を冷やすケアを取り入れることが大切です。
ラップで包んだ冷たいタオルや保冷剤などをそっと肌に当てて、肌の火照りをやさしく冷やしてあげましょう。
ラップでタオルや保冷剤を包んであげることで水分が肌に残るのを防ぎ、過乾燥(水分が蒸発するときに肌まで乾燥する現象)を予防することができます。

・普段以上にしっかり保湿する
肌の火照りを取り除いたら、敏感肌用の低刺激な基礎化粧品で保湿ケアを行いましょう。
化粧水を適量手のひらに出し、そっとハンドプレスをして2〜3度重ねづけします。顔全体を手のひらで包み込むようなイメージで、時間をかけて丁寧に肌に馴染ませてください。
水分をたっぷり与えたあとは、乳液やクリームの油分でうるおいを閉じ込めてあげましょう。

・ローションパックもおすすめ
産毛処理後のスペシャルケアとして、ローションパックを取り入れるのもおすすめです。
コットンに化粧水をたっぷりと染み込ませて、顔の上に乗せておきましょう。
2〜3分経ったらコットンを剥がし、肌に残っている化粧水をハンドプレスで馴染ませます。最後は、乳液やクリームを重ね塗りして完了です。

・産毛処理直後の外出は控える
産毛処理をした直後の肌は、いつもよりデリケート。
普段以上に紫外線やホコリなどの刺激に弱くなっているため、できるだけ外出は控えましょう。
朝に産毛処理をすると出掛ける用事ができたときに困ってしまうので、できれば夜時間帯でゆっくりと過ごせるときに行うことをおすすめします。

・出掛けるなら紫外線対策を忘れずに
産毛処理後に出掛ける用事ができてしまった場合には、必ず低刺激の日焼け止めを塗ってから外出しましょう。
あわせて帽子や日傘などの紫外線対策グッズも取り入れて、顔に降り注ぐ紫外線を完全にシャットアウトすることが大切です。

・産毛処理後のメイクもできるだけ控えて
産毛処理後の肌には、ファンデーションなどのメイクアップ化粧品も刺激になります。
メイク前に産毛処理を行う方もいますが、処理直後や当日のメイクは控えることが大切です。

敏感肌の女性必見!「顔の産毛処理後」のアフターケア方法

産毛処理をしてせっかく顔色がワントーン明るくなっても、肌が荒れてしまっては悲しいですよね。
敏感肌を守るためにも、産毛処理後のアフターケアは入念に行いましょう。

ページの一番上へ