ナチュラグラッセリニューアル記念キャンペーン

ホーム コラム一覧 コラム

コラム一覧

ブランド

コラム

モテ顔はチークで作る! 愛されチークの選び方とメイクテクニック

(2017年9月25日)

モテ顔はチークで作る! 愛されチークの選び方とメイクテクニック

頬に血色感をプラスして、女性らしさを演出してくれるチークは、モテメイクの必須アイテムです。
しかし、入れ方や選ぶ色によっては顔の印象が大きく変わるため、注意しなければなりません。

可愛らしいモテ顔をゲットするためにも、チークの選び方やメイク方法をマスターしましょう。

モテ顔になれるチークの選び方

一口にチークと言ってもピンクやオレンジ、レッドなど、カラーはさまざま。
同じピンクベースの色味でも、薄いものや濃いものまでたくさんの種類があります。

モテ顔を作るためには、やはりピンクベースのチークを選ぶことをおすすめします。
そして、発色がキレイに現れる濃いめのピンクは一押しです。

ローズやコーラルなどの明るく濃いめのカラーを選ぶことで、血色の良い頬を1日キープすることができます。

ふんわりモテ顔! チークメイクのポイント

・ハートチークで愛され顔に
チークは楕円形に入れるのが基本ですが、キュートな愛され顔を作るためには、「ハート型」に入れるのがおすすめです。
ピンクの練りチークを指先につけたら、頬の中央(頬骨より内側)にハート型に塗っていきましょう。
クリームチークを塗るときには、中指と薬指の2本を使ってポンポンと少しずつ広げていくのがポイントです。

・大人っぽい洗練チーク
少し大人っぽい印象にしたいときには、チークを斜めに入れると◎
肌馴染みの良いコーラルピンクのチークをブラシにつけたら、頬骨に沿って斜めにつけていきましょう。
耳の前から、頬骨の下に向かってブラシを滑らせると上手に色づけることができます。
骨格が引き締まるので、小顔に見せたい方にもおすすめです。

・少女のようなガーリーチーク
無垢な少女のような印象を作りだしてくれるガーリーメイクは、男性ウケも抜群。
青みがかったローズピンクのチークをブラシにつけたら、黒目の2〜3センチ下、頬の中央部分に小さな円を描きましょう。
頬の中央がピンク色に染まったら、耳の前にブラシをスッと滑らせるとナチュラルなのにとびきり可愛いモテ顔のできあがりです。

・ツヤツヤのピンクチークで色っぽく
ツヤ感のあるピンクのクリームチークを使うことで、キスをしたあとのような上気した顔を作ることができます。
指先にピンクのクリームチークをつけたら、目の下から指1本分あけた部分に、逆三角形になるようポンポンと塗り広げていきましょう。
目の真下に入れるとクマが目立ったり、酔っぱらいのような顔になってしまうので要注意。
色っぽいモテ顔に変身したいときに使いたいテクニックです。

・恋が叶う!? 耳チーク
モテる女性は、頬以外にもチークを使っています。
耳たぶにチークをほんの少しのせると、照れたときのような可愛らしい血色感を表現できるのです。
ブラシにピンクのチークをつけたら、耳たぶにサッとつけてくださいね。
そのあと、指先で軽く馴染ませると肌への密着度がアップして、自然に色づけることができます。


ふんわりモテ顔! チークメイクのポイント


アイメイクやリップは気分やファッションによって変えていても、チークはいつも同じという方も多いでしょう。
しかし、チークの入れ方を変えるだけで表情にも差をつけることができます。
コーディネートを考えるようにチークの入れ方にも工夫をして、女性らしいモテ顔をゲットしましょう。

ページの一番上へ