ナチュラグラッセリニューアル記念キャンペーン

ホーム コラム一覧 コラム

コラム一覧

ブランド

コラム

夏はニキビができやすい? その原因と今すぐできる対策ケア

(2017年9月22日)

夏はニキビができやすい? その原因と今すぐできる対策ケア

気温の低下や空気の乾燥が気になる冬は肌が乾燥しやすく、太陽の日差しが強い夏は汗や皮脂の分泌が増えるなど、季節が変われば肌の状態も変化するもの。
とくに夏場は、「ニキビができやすい」と感じている女性が多いようです。

一体なぜ、夏になるとニキビができやすくなってしまうのか、夏のニキビを防ぐ対策方法とあわせてご紹介します。

夏になるとニキビができやすくなる原因って?

・皮脂分泌の増加
夏になると汗とともに皮脂の分泌量も増加します。
皮脂が過剰に分泌されると毛穴に詰まりやすくなり、それが炎症を起こすことでニキビができやすくなってしまいます。

・過度の洗顔
皮脂の過剰分泌を気にしてダブル洗顔やゴシゴシ洗いをしていると、肌に必要な分の角質までもが落とされてしまい、肌の乾燥の原因に。
すると、肌のバリア機能が低下し、ニキビなどの肌トラブルを招いてしまうのです。

・汗などによる角質の剥がれ
たくさんの汗をかいた肌は、角質が剥がれやすい状態になっています。
ふやけて柔らかくなった肌の汗を拭こうとタオルで強く拭いてしまうと、角質が剥がれてバリア機能が低下し、ニキビができる原因になってしまうのです。
また、紫外線やクーラーによる乾燥も、角質剥がれとニキビを誘発する原因になります。

夏のニキビを防ぐ対策方法

・洗顔は正しい回数&方法で
肌のベタつきが気になる夏でも、洗顔回数は1日2回までにとどめましょう。
また、ゴシゴシ洗顔は必要な角質まで取り除いてしまうため絶対にNGです。
たっぷりと泡立てた洗顔料の泡をクッションにしながら、優しく丁寧に洗ってくださいね。

・紫外線対策を忘れずに
紫外線は肌のバリア機能を低下させるとともに、角質を厚くさせます。
角質が肥厚化すると毛穴に皮脂が詰まる原因になるため、紫外線対策をしっかり行うようにしましょう。
肌に優しい日焼け止めを塗るのはもちろんのこと、日傘や帽子なども活用することが大切です。

・汗をこまめに拭く
流れ出た汗をそのままにしていると、汗が蒸発するときに肌の水分まで奪ってしまいます。
汗が出たら、清潔なタオルやティッシュなどでこまめに拭き取りましょう。
ただし、このときに肌を強くこすると、ふやけた角質まで取り除かれてしまいます。
ポンポンと肌をおさえ込むようにして、優しく拭くことを心掛けてくださいね。

・クーラーの風を浴びない
汗をかいた状態で冷たいクーラーの風を浴びると、スースーして気持ちがいいですよね。
しかし、汗が急激に蒸発すると、肌の水分まで一緒に奪われてしまいます。
外出先から帰ってきたあとは涼しさを求めてクーラーの近くに行きたくなりますが、冷たい風を直接肌に浴びるのは避けましょう。

・栄養の偏りにも要注意
夏は食欲が低下するため食生活が偏りがちですが、それでは肌の免疫力まで低下してしまいます。
また、夏場は冷たい料理や辛い料理がおいしく感じますが、それだけを食べていては栄養バランスが崩れてしまいます。
ニキビを防ぐことはもちろん、健康を守るためにもバランスのいい食事を心掛けましょう。


夏のニキビを防ぐ対策方法


夏にニキビができやすいという方は、無意識のうちにニキビを引き起こすNG習慣を行っていたのかもしれません。
お楽しみがたくさんの夏をキレイな素肌で楽しむためにも、スキンケアや生活習慣を改善してニキビを防いでいきましょう。

ページの一番上へ