マイ ファースト オーガニック キャンペーン

ホーム コラム一覧 コラム

コラム一覧

ブランド

コラム

今日から始めたくなる“スクワットチャレンジ”の魅力と正しいやり方

(2017年9月20日)

今日から始めたくなる“スクワットチャレンジ”の魅力と正しいやり方

アメリカで話題になり、日本でも挑戦する人が続出している“スクワットチャレンジ”。
名前だけを聞くと、ハードな運動法というイメージがありますが、実はスクワットをするだけといういたってシンプルなエクササイズ法です。

SNSでも注目を集めているこのスクワットチャレンジには、どのような効果が期待できるのか正しい方法とあわせてご紹介します。

“スクワットチャレンジ”の効果とは?

スクワットチャレンジとは、スクワットを毎日続けて行うというエクササイズ法です。
主に30日間続けて行う“30日スクワットチャレンジ”が人気となっています。

具体的なメニューは、スクワットをするだけというシンプルなものですが、実はこれが効果絶大!
そもそもスクワットは、たったの15回だけでも腹筋100回分の運動効果に相当すると言われているのです。
そのため、スクワットを続けるだけで、十分な引き締め効果やヒップアップ効果を期待することができます。

さらに、スクワットチャレンジの嬉しい魅力はこれだけではありません。スクワットをすることで筋肉量が増えるため、基礎代謝量も上がります。
これによって痩せやすい体質に変化し、ダイエットがスムーズに進むようになるのです。

筋肉量は加齢によって減少傾向にありますが、スクワットチャレンジをすると筋肉量を無理なく維持することができます。
そのため、年齢に関係なくダイエット効果を得ることができるというわけです。

今日から挑戦! スクワットチャレンジのやり方

・スクワットの回数
1日目はスクワット50回からスタートし、毎日5〜10回ずつ回数を増やしていくのがスクワットチャレンジの基本スタイル。

ただし、毎日続ける必要はなく、3日行ったら1日休みます。
最終日の30日目には、1日で250回までできるように続けていきましょう。
「いきなり1日に50回もスクワットをするなんて……」と驚いた方も多いかもしれませんが、1日分のスクワットは、何回かに分けて行ってOKです。
たとえば1日目の50回なら、朝20回・昼10回・夜20回と分けて行うと、無理なく消化することができます。

・スクワットの正しいフォーム
いくらスクワットの回数を守っていても、乱れたフォームで行うと効果がなくなってしまいます。
以下のような正しいフォームで、ゆっくり丁寧に行うようにしましょう。

1. 足を肩幅ほどに開き、両腕を正面にまっすぐ伸ばす
2. お尻を後ろに引きながら、ゆっくりと腰を下ろす
※ ひざがつま先より前に出ないように気をつける
3. 太ももが床と並行になったら、反動をつけずにゆっくりと腰を上げる
4. ひざは伸ばし切らずに、わずかに曲がった状態で静止し、再び腰を下ろす

注意ポイントは、腰をおろしたときにひざがつま先より前に出ないようにすること。
そして腰を上げたときに、ひざを伸ばしきらないことです。

このフォームを心掛けることでお尻や太ももに適度な負荷がかかり、スクワットチャレンジの効果をより高めることができます。


口角アップのリップメイクを上手に仕上げるポイント


スクワットチャレンジは、日数を限定することで目標が見えやすくなっていることも嬉しいポイント。
ダイエットにすぐ飽きてしまうという方にも、ぜひ挑戦して欲しいエクササイズです。

特別な道具もなく、体1つですぐできるので、ぜひ今日から30日間チャレンジに挑戦してみてくださいね。

ページの一番上へ