ナチュラグラッセリニューアル記念キャンペーン

ホーム コラム一覧 コラム

コラム一覧

ブランド

コラム

紫外線も肌荒れもブロック! 日焼け止めの正しい塗り方

(2017年7月18日)

紫外線も肌荒れもブロック! 日焼け止めの正しい塗り方

春先から夏にかけてのシーズンは、急激に紫外線量が増加します。
紫外線によるシミやシワを防ぐためには、早いうちから日焼け止めを使用した対策を行っておくことが大切です。

しかし、日焼け止めが正しく塗れていないと、かえって肌荒れを招いてしまう可能性があることをご存知でしょうか?
どのような塗り方が肌荒れの原因となってしまうのか、正しい塗り方とあわせてご紹介いたします。

肌荒れの原因になる!? 日焼け止めのNG塗り方

・SPF、PA値が高いものを頻繁に使用している
紫外線を強力にブロックしたいからといって、普段からSPFやPA値が高い日焼け止めを使用していませんか?
SPF・PA値が高い日焼け止めは、高い紫外線カット効果が期待できますが、その分肌にかかる負担が大きく、日常的に使うと肌荒れを招く可能性があります。
SPF・PA値が高いものは海や山などのレジャーシーンのみに使用し、普段はSPF・PA値が低く肌に優しい日焼け止めを使用するのがおすすめです。

・力を入れて塗っている
日焼け止めを塗るとポロポロと消しカスのようなものが出るという方は、塗っているときに力を入れすぎている可能性があります。
強い力で塗ると摩擦が加わって肌のバリア機能を壊してしまうため、優しく丁寧に塗るようにしましょう。

・日焼け止めは朝1回塗るだけ
アイテムによっても誤差はありますが、一般的に日焼け止めの効果の持続時間は、およそ2〜3時間程度だといわれています。
そのため、朝に1度塗っただけでは、日中の紫外線をブロックできていない可能性があります。
汗で流されたり、衣服との擦れによって朝塗った日焼け止めが取れてしまうこともあるため、日焼け止めをこまめに塗り直すように心掛けることが大切です。

・古い日焼け止めを塗っている
「昨年の夏に使用していた日焼け止めがまだ残っているから」といって、古いものを使ってしまう方も多いでしょう。
しかし、古い日焼け止めは雑菌が繁殖していたり、酸化して変質している可能性があります。
品質の低下は肌荒れを引き起こす原因にもなるため、できるだけ新しい日焼け止めを使用しましょう。

紫外線に打ち勝つ! 日焼け止め&ベースメイクの正しい塗り方

日焼け止めを正しく塗るためには、ベースメイクとの合わせ技が重要なポイントになります。
日焼け止めを塗りながらベースメイクもしっかりと行って、トラブルゼロのツヤ肌を目指しましょう。

<顔の日焼け止めの塗り方&ベースメイク方法>
1. 洗顔をしたあと化粧水や乳液で肌を整え、少し肌に馴染むのを待ってから日焼け止めを額・両頬・鼻・あごの5点にのせる
2. 5点に置いたそれぞれの日焼け止めを、指の腹を使って顔の内側から外側に優しく塗り広げる
3. 耳周り、首周りにも日焼け止めを付け足し、丁寧に塗り広げる
4. 顔全体を手のひらで優しく包み込み、肌と密着させて日焼け止めが馴染んだら、化粧下地を重ねる
5. 化粧下地が馴染んだら、ファンデーションを薄く重ねてベースメイクを仕上げる

日焼け止めの上にベースメイクをたっぷりと厚く重ねてしまうと、メイク崩れの原因になるため、ファンデーションは薄く伸ばすのがポイントです。


コンフリーの効能とは?


面倒になりやすい日焼け止めですが、スキンケアのあとの習慣にすることで、紫外線から肌を守ることができます。
夏本番の前から日焼け止めを塗る習慣をつけて、しっかりと紫外線をブロックしていきましょう。

ページの一番上へ