マイ ファースト オーガニック キャンペーン

ホーム コラム一覧 コラム

コラム一覧

ブランド

コラム

大人女子におすすめの“作り置き”できるお弁当のおかず2つ

(2017年7月28日)

大人女子におすすめの“作り置き”できるお弁当のおかず2つ

日々の健康と美しさは、毎日の食事から作られるといっても過言ではありません。
いくらスキンケアやメイクに力を注いでいても、食生活が乱れていてはその努力の効果は半減してしまいます。

そこで今回ご紹介するのが、働く女性に嬉しい簡単便利な作り置きおかずのレシピ。
休日や空いた時間を使って作り置きできるおかずがあれば、毎朝パパッとランチボックスに詰めるだけでおいしいお弁当が完成します。
健康や美容のためにはもちろん、毎月の節約にもつながるお弁当で楽しいランチタイムを過ごしましょう。

見た目も味もパーフェクト! お弁当が楽しくなる作り置きおかずレシピ

1. カラフルな見た目でおいしさUP「ラタトゥイユ」
作り置きおかずを作るときの基本は、冷蔵や冷凍で長持ちするメニューを選ぶこと。
しっかりと火を通して煮込んだ料理は、冷蔵での長期保存が可能です。
毎日食べていても飽きない見た目◎なラタトゥイユで、お弁当を華やかに飾って女子力も一緒にアップさせましょう。

<材料> トマト…………………3個
玉ねぎ…………………1個
赤パプリカ……………1個
黄パプリカ……………1個
セロリ…………………1/2本
ナス……………………2本
カボチャ………………1/6個
ベーコン………………4枚
生タイム………………2本
ローリエ………………1枚
ニンニク………………1片
塩………………………少々
ブラックペッパー……少々
オリーブオイル………大さじ2

<作り方> 1. トマトからベーコンまでの具材を、食べやすい大きさにカットする
2. ニンニクをみじん切りにして鍋にオリーブオイルと一緒に入れ熱し、香りを立てる
3. 鍋に玉ねぎを入れて、しんなりするまで炒める
4. トマト以外の具材を鍋に入れて炒める
5. 全体に油が回ってしんなりしてきたらトマトを投入し、タイム・ローリエ・塩を入れて鍋に蓋をする。時々木べらでかき混ぜながら、そのまま中火で約20分煮込む
6. 全体がしんなりとしてきたら強火に切り替え、木べらでかき混ぜながら水分を飛ばす
7. 仕上げにブラックペッパーを軽くふって味を整える

保存する際には粗熱をとってから密閉容器に入れ、冷蔵庫で保管。約1週間の保存が可能です。

2. 和食にも洋食にも◎「さつまいものレモン煮」
さつまいもの甘みとレモンのさわやかさが相まって、素朴ながらも味わい深いさつまいものレモン煮。
和食にも洋食にも合うのでお弁当にはもちろん、さまざまな料理のお供に活躍してくれます。
材料が少なく作り方もとても簡単なので、作り置きおかずにぴったりの1品です。

<材料>
さつまいも…………………1〜2本
水…………………………適量
砂糖………………………大さじ2
レモン汁…………………小さじ2

<作り方>
1. 流水でさつまいもをしっかりと洗って1cm幅の輪切りにし、10分程度水にさらす
2. 鍋にさつまいもを入れて、中のさつまいもにかぶるくらいの水を入れる
3. 砂糖とレモン汁を2に入れ、落し蓋をして中火にかける
4. ぐつぐつと煮立ってきたら弱火に切り替え、さつまいもに竹串がすっと通るまで煮る
5. 火を止めたらそのままの状態で冷まし、味をしみ込ませたら完成

保存する際には粗熱をとってから煮汁とともに密閉容器に入れ、冷蔵庫で保管。
さつまいもを重ねて容器に入れると、上のほうのさつまいもが乾燥してしまうので、ときどき煮汁に浸すのがポイントです。

大人女子におすすめの“作り置き”できるお弁当のおかず2つ

お弁当を持参して職場に行くと、毎日のランチタイムがより一層楽しみになります。
作り置きのおかずを上手に活用して、忙しい日々の中でも健康と美容、節約にも気遣ったお弁当生活を送っていきましょう。

ページの一番上へ