2017夏 オーガニックまつり 開催中! 8月31日まで

ホーム コラム一覧 コラム

コラム一覧

ブランド

コラム

潰しても大丈夫?「白ニキビ」ができる原因&正しい対処ケア方法

(2017年7月14日)

潰しても大丈夫?「白ニキビ」ができる原因&正しい対処ケア方法

白ニキビは、毛穴に皮脂が詰まっているものの、炎症が起きる前のニキビのことを指します。
炎症を起こしている赤ニキビや、膿が溜まっている黄ニキビよりは、比較的症状が軽いニキビといえるでしょう。
しかし、白ニキビがあるとメイクをしても凸凹が目立ったり、放っておくと赤ニキビや黄ニキビに悪化する恐れもあります。

悪化するとニキビ跡に残ってしまうこともあるため、白ニキビは早めに改善することが大切です。
そこで今回は、白ニキビが発生する原因と正しい対処方法をご紹介いたします。

白ニキビができる原因とは?

・皮脂の過剰分泌
皮脂の分泌量が多くなると、毛穴に皮脂が詰まって白ニキビができやすくなります。
皮脂が増加する原因には、糖質や脂質のとり過ぎ、ホルモンバランスの乱れ、睡眠不足などが挙げられます。

・ターンオーバーの乱れ
肌が生まれ変わるサイクルであるターンオーバーが乱れると、はがれ落ちるはずだった古い角質が残ったままになり、毛穴の出口を塞いでしまうため注意が必要です。
ターンオーバーの乱れは、睡眠不足や加齢、肌の乾燥、間違ったスキンケアなどが原因で引き起こされます。

・メイクなどの汚れ
メイクや肌についたホコリを十分に落としきれていないと、毛穴に詰まって白ニキビができてしまいます。
クレンジングや洗顔方法が間違っている方、メイクを落とさずに寝てしまう方は、汚れが原因の白ニキビができやすいといえるでしょう。

白ニキビは潰しても大丈夫?

白ニキビは基本的に潰してもかまわないとも言われていますが、むやみに潰すと傷口から雑菌が入って炎症を起こす危険性があります。
凹凸があると気になって潰したくなりますが、できればセルフで潰すのは避け、優しいケアで改善を目指しましょう。

白ニキビの対処ケア方法

・正しいスキンケアを心掛ける
白ニキビを改善するためには、毛穴詰まりを引き起こす古い角質や汚れを取り除くケアが必要です。
正しい洗顔方法は、肌をこすらず優しく洗うこと。
低刺激な洗顔料をしっかりと泡立てたら、その泡を肌の上で転がすようなイメージで洗顔し、毛穴の汚れを浮かせましょう。

洗顔後は肌が乾燥しやすくなっているため、早めの保湿ケアに取り掛かることも大切なポイントです。
化粧水や乳液などの基礎化粧品を使って、優しくハンドプレスをしながら肌を保湿しましょう。 ・ピーリングをする
洗顔だけでは改善しにくい白ニキビには、ピーリングケアが有効です。
ピーリングの成分が古い角質を溶かしてくれるため、毛穴詰まりを解消する効果が期待できます。
セルフで使用するピーリング剤は、ジェルや石けんタイプが使いやすくておすすめです。

ただし、ピーリングをやり過ぎると肌が薄くなってバリア機能が低下してしまうので、多くても1週間に1回程度に留めましょう。

アイメイクのお悩みが解消できる?

今回は、スキンケアによる対処法をご紹介しましたが、ストレスや睡眠不足を解消したり、バランスの良い食事を心掛けることも大切です。
体の外側と内側の両方から白ニキビ対策を行って、白ニキビに悩まされない健やかな素肌を作っていきましょう。

ページの一番上へ