ナチュラグラッセリニューアル記念キャンペーン

ホーム コラム一覧 コラム

コラム一覧

ブランド

コラム

花瓶がなくてもOK! お花をオシャレに飾る代用アイテム4つ

(2017年6月16日)

花瓶がなくてもOK! お花をオシャレに飾る代用アイテム4つ

草木が一斉に芽吹きだす春は、庭や道端でみずみずしい花を目にする機会も多くなります。
こんな時期は、お部屋の中にもお花を飾り、春を存分に満喫してみてはいかがですか?

しかし、「花瓶がないから……」「オシャレに飾るのは難しそう」と、興味はあってもお花を飾るのを躊躇っているという方は多いもの。
そこで今回は、家にあるものを使ってオシャレにお花を飾るためのアイディアをご紹介します。

空き瓶・空き缶を再利用!

形のかわいいジャムの空き瓶や、デザインのオシャレな輸入食品の缶にお花を飾れば、気取り過ぎないオシャレな雰囲気に。
瓶や缶の色とお花の組み合わせによって、見え方はグッと変化します。
お部屋の雰囲気に合わせて、カジュアルにお花を飾ってみましょう!

お気に入りのカップをもっとかわいく!

気になるデザインがあると、ついついマグカップを買ってしまうという方は多いもの。
そんなマグカップも、お花を入れればあっという間にお部屋のインテリアに早変わりします。
マグカップに入れたお花をテーブルの上に飾れば、ナチュラルでかわいいお部屋に大変身。
もちろん、透明なグラスや流行りのメイソンジャーに飾るのもおすすめです。

ボウルやティーカップに浮かべるのも◎

暑さが増してくるこれからの季節には、茎を短く切って水面にお花を浮かべるフローティングフラワーがピッタリ。
これなら、茎が短くなってきたお花も最後まで楽しむことができちゃいます。
透明なボウルなら涼しげに、白いティーカップなら優雅にお花を見せることができますよ。

紙袋に入れてスタイリッシュに!

モダンな雰囲気のお部屋なら、紙袋を使ってお花を飾るのがおすすめ。瓶やグラスに活けたお花を、そのまま紙袋の中に入れてみてください。
お気に入りのブランドのシンプルな紙袋からのぞくお花が、お部屋をスタイリッシュに彩ってくれます。
これなら、オシャレな瓶やカップがなくてもOKです。

お花を長持ちさせるひと手間

せっかくキレイなお花を飾るなら、少しでも長く咲いていてほしいもの。
お花を活ける前には、以下の手順で「水あげ」をして長持ちさせてあげましょう。

1. お花の下端部分を揃え、茎が出るように紙で包んでまとめる
2. 茎を水に浸け、水中で茎の先端をカットする
※清潔なハサミを使って、切り口が鋭角になるようカットするのがポイントです
3. たっぷりの水に浸け、直射日光を避けた涼しい場所で30〜1時間ほど置いておく

お花が水を吸ってシャキッとしたら、好みの容器に活けていきましょう。

お花を長持ちさせるひと手間

こまめに水を入れ替えて、しおれてしまった部分は取りのぞいてあげるのがお花を長持ちさせるコツ。
水替えの際には、容器や茎のぬめりを洗い、再び茎の先端をカットしてあげるのが良いでしょう。

お花のある生活は、気持ちを豊かにしてくれるもの。
お花屋さんで購入するのはもちろん、道端で見かけたかわいいお花などを気軽に飾り、お部屋に彩りを加えてみてくださいね。

ページの一番上へ