2017夏 オーガニックまつり 開催中! 8月31日まで

ホーム コラム一覧 コラム

コラム一覧

ブランド

コラム

悪化しやすい? 繰り返しできる眉間ニキビの原因と対策方法2つ

(2017年6月9日)

悪化しやすい? 繰り返しできる眉間ニキビの原因と対策方法2つ

おでこや鼻、あごなどのTゾーンに多発するニキビ。
中でも特に厄介なのが、眉間にできてしまうニキビではないでしょうか。
目立ちやすい位置にある上メイクをしても隠し切れず、悪化しやすいために、ふとした瞬間に痛みを感じてしまうことも。

また、ようやく治ったと思ったら、再び眉間にニキビができてしまうという方も少なくありません。
一体なぜ、繰り返し眉間ニキビができてしまうのでしょうか?

今回は、眉間ニキビの発生を招く主な原因と、その対策方法をご紹介いたします。

眉間にニキビができやすい理由

Tゾーンである眉間は、もともとニキビができやすいパーツのひとつ。
それに加えて以下の2つの原因が重なることで、さらにニキビができやすくなっています。

・摩擦などの刺激を受けやすい
眉毛のお手入れの際、眉間には、ピンセットで毛を抜いたり、剃刀で剃ったりという刺激が加わります。
また、前髪が触れたり、手が触れたりする機会も少なくありません。
刺激によって肌がダメージを受けたり、手に付着した雑菌がついたりすることでニキビの発生を招いてしまうのです。

・洗い残しやメイクの落とし残しが多い
眉間の周りには鼻骨や目を囲う窪みがあり、凹凸が多くなっています。
また、眉間にシワを寄せることでも凸凹が生まれますよね。

そのため、クレンジングや洗顔が不十分になりやすく、メイクや洗顔料の洗い残しも少なくありません。
ただでさえ皮脂の分泌量が多い部分で洗い残しによって毛穴が詰まれば、ニキビが発生しやすくなってしまいます。

眉間ニキビの再発を防ぐには?

眉間ニキビを早めに改善へと導き、再発を予防するためには、日頃から丁寧な洗顔を心掛けることが重要です。
凹凸の多い眉間周りを清潔にするポイントは、指や手のひらでゴシゴシとこするのではなく、たっぷりの泡を肌にのせて転がし、汚れを吸着するイメージで洗うこと。
すすぎには洗いの倍の時間をかけ、決して洗い残しのないようにしましょう。

また、熱すぎるお湯は肌に必要な皮脂まで洗い流してしまうため、人肌程度のお湯ですすぐことも大切です。
洗顔後は十分に保湿して、皮脂の過剰な分泌を防いであげてくださいね。

刺激から守るのも忘れずに!

刺激から守るのも忘れずに!

丁寧な洗顔とあわせて、眉間の肌に加わる刺激を軽減することも大切なポイントです。
前髪は触れないように留めておき、眉のお手入れは必要最低限にしてください。

また、紫外線によるダメージもニキビの発生を招く大きな要因のひとつ。
これからの季節は、日焼け止めを忘れないように塗り、紫外線ダメージを防ぎましょう。

場所的にどうしても目立ってしまい、治るのにも時間がかかる眉間ニキビの発生は、できることなら避けたいもの。
今回ご紹介した以外にも、睡眠不足やストレスによるホルモンバランスの乱れ、偏った食生活による栄養不足などは、ニキビを招く原因となります。

日頃のスキンケアと生活習慣を見直し、頑固な眉間ニキビの発生を防いでいきましょう。

ページの一番上へ