ナチュラグラッセリニューアル記念キャンペーン

ホーム コラム一覧 コラム

コラム一覧

ブランド

コラム

敏感肌の始まり? 化粧水をつけるとヒリヒリする理由

(2017年5月19日)

敏感肌の始まり? 化粧水をつけるとヒリヒリする理由

洗顔後やお風呂上りのスキンケアで化粧水をつけたとき、「なんだかヒリヒリする」「しみるような痛みがある」ということはありませんか?
このような症状があるときは、肌がいつも以上に敏感になっている証拠です。

普段使っている化粧水をつけているだけなのに、なぜいきなりヒリヒリするまでに肌が敏感になってしまったのか、改善方法とあわせて詳しく探ってみましょう。

化粧水をつけると肌がヒリヒリする理由とは?

・洗顔回数が多い
化粧水つけると肌にヒリヒリとした痛みを感じてしまう原因は、肌のバリア機能が低下していることにあります。
肌のバリア機能低下の理由はいくつかありますが、その1つが間違った洗顔です。
1日に何回も洗顔していると、肌のバリア機能を保つための皮脂や角質が洗い流されて、刺激に敏感な肌になってしまいます。

・熱いお湯で肌を洗っている
寒い冬の時期は、つい熱いお湯で洗顔をしたくなりますよね。
しかし、これも肌をヒリヒリさせてしまう原因の1つ。
熱いお湯を使って洗顔してしまうと、肌にとって必要な分の皮脂までをも洗い流してしまいます。
すると、肌のうるおいが低下して肌のバリア機能が崩れる原因になるのです。

・肌をこすっている
洗顔中やメイク中などに、ゴシゴシと肌を強くこすっている方も注意が必要です。
強くこすって摩擦を与えると肌に細かな傷がつき、その隙間から外部刺激が入りやすくなるため、肌が敏感になってしまいます。

・刺激の強い化粧水を使っている
正しくお手入れをしていても、化粧水が肌に合っていないとヒリヒリを感じる原因になります。
肌が敏感になっているときには強い成分が入った化粧水の使用は避け、なるべく肌に優しいものを選ぶようにしましょう。

・スペシャルケアのしすぎ
ピーリングジェルやフェイスマスクなどのスペシャルケアアイテムを週に何度も使用していませんか?
肌を健やかに保つためのスペシャルケアでも、短期間で行い過ぎると肌を薄くしてバリア機能を低下させる原因になるため注意が必要です。

ヒリヒリをなくす! 敏感肌を改善するスキンケア

ヒリヒリをなくす! 敏感肌を改善するスキンケア

・洗顔回数を減らす
洗顔は多くても1日2回までが基本です。
とくに肌が敏感になっているときには、肌のうるおいを守って摩擦を減らすためにも朝は洗顔料を使わず、ぬるま湯で洗うことがポイントになります。
寒い冬でも、人肌程度のぬるま湯で洗顔するようにしてください。

・肌をこすらない
洗顔中や保湿中、メイク中などいかなるときも肌をこすらないケアを心掛けましょう。
手に優しく化粧品をとり、肌をなでるようなイメージで優しく塗っていくのがコツです。
化粧水や乳液などを塗る場合には肌を手のひらで包み込み、ゆっくりとハンドプレスを取り入れましょう。

・化粧品の見直し
どうしても化粧水がしみる場合には、普段使用しているものを一時的に中止して、基礎化粧品の見直しをするのも1つの方法です。
とはいえ、敏感になっている肌にとって新しい化粧品は刺激になってしまうこともあります。
敏感肌でも安心して使用できる優しいアイテムを普段から探しておくと心強いですね。

・過剰なケアやメイクを止める
肌がヒリヒリとしているときにスペシャルケアを行ってしまうと、さらに敏感肌が加速してしまうことがあります。
ピーリングなどの過剰ケアや、厚い重ね塗りメイクなどは一刻も早く中止して、最低限のスキンケアだけで様子を見てみましょう。

化粧水がしみるということは、「少し休ませてほしい」という肌からのSOSサインが出ています。
普段のスキンケアを1から見直して、なるべく肌に負担をかけないような優しいケアを行っていきましょう。

ページの一番上へ