マイ ファースト オーガニック キャンペーン

ホーム コラム一覧 コラム

コラム一覧

ブランド

コラム

「嫌味上司」になってない? 女性上司が心得たい部下への接し方

(2017年3月17日)

社会人としての歴が長くなり、年齢もキャリアも上がってくると部下の数も自然と増えていくもの。
同僚同士であれば、日常会話や恋愛トークなどでコミュニケーションを取ることも難しいものではありませんが、自分の部下や会社の後輩となると接し方に戸惑うこともあるでしょう。

しかし、その戸惑いは自分だけにふりかかっているものではないかもしれません。
もしかすると、部下や後輩にとっては嫌味に感じたり、距離が縮めにくいと思われているかもしれないのです。
そこで今回は、女性上司が心得たい部下への接し方を紹介します。

部下の心を掴む接し方のコツって?

・ “褒めて伸ばす”ことがポイントに
部下や後輩と接するときには、上司としての威厳なども大切ですが、あまりにこれを意識して接し方を間違えると威圧的に見えたり、相手のやる気を低下させてしまうこともあります。
部下たちに仕事を頼んだり、少し注意をしたいときには、ただ業務内容だけを伝えようとするのではなく、「褒める」「フォローを入れる」ことも忘れずに。

たとえば、ある仕事を頼みたいときには「あれやっておいて」と簡単に済ますこともできますが、「○○くんだから頼めるの。お願いできる?」と一言“褒める言葉”をプラスします。
こうすることで、相手の意識には「仕事をただ頼まれた」ではなく「任せてもらえた!」という前向きな意識が芽生えるはず。
頼んだ仕事が上手くいったときには、きちんと「ありがとう」の感謝を伝えることもポイントです。

・人前での注意はNG! 怒り方にも気を付けて
仕事をしていく上では、部下を注意したり怒ったりするシーンもあるでしょう。
できることなら波風立てず平和に過ごしていたいものですが、時には恨まれ役を演じることも上司の務めです。
こんなとき、必ず注意をしなければいけないのが、人前では行わないということ。
男性と比べると女性は感情的になりやすいともいわれていますが、カッとなってもその場では抑え、一呼吸おいてから声をかけることが大切です。
部屋を変えたり、時間を見計らって他の人が見ていないときに注意をするようにしましょう。

また、部下への注意が終わったら、その後のフォローも欠かさずに行いたいもの。
「○○さんのことを大切に思っているからこそ注意したの」「もっと伸びると思っているから指摘しているの」「でもいつも感謝しているわ」とただの悪感情から怒った訳ではないこと、部下に対する期待や信頼があるからこその指摘だと伝えてあげてくださいね。

部下からの信頼を勝ち取る! 女性上司の“心得”とは?

細かいところにも気が付き、複数のことを器用に同時進行することが得意な女性も多いですが、これがあなたの背中を見つめる部下にとっては、プレッシャーや負い目になってしまうこともあります。
そのため、部下に「自分と同じようにやれ」というような威圧的な期待はNG。

部下が得意なことを伸ばしてあげることに重点をおいて、一緒に気持ちよく働いていくことが大切です。
また、だめだと分かっていながらも多くの女性がやってしまいがちなのが「あのときも○○だった」と過去のミスなどを振り返ってしまうこと。
これをやってしまうと、部下からは小言ととらえられてしまうこともあります。自分の感情を上手くコントロールし、相手を尊重することを忘れないようにしたいものですね。

同じ会社で働く仲間であっても、全く同じ思考の人間などはいないため物の捉え方にも違いが出ることがあります。
しかし、こちらが寄り添って上手な接し方を身につけられれば、お互いの距離を縮めることはできるはず。
“目指すべき憧れの女性上司”となれるよう、部下との接し方に工夫していきましょう。

ページの一番上へ