マイ ファースト オーガニック キャンペーン

ホーム コラム一覧 コラム

コラム一覧

ブランド

コラム

彼を思わずキュンとさせる「オトナ血色メイク」のポイント

(2017年3月3日)

じわっと内から溢れ出すような血色感を演出してくれる近頃話題の「血色メイク」。
ほんのりと色づいた頬やぷるっとした唇は、ほんわかとした印象を与えながらも女性らしいセクシーなムードさえ漂わせることができます。
そんな魅力たっぷりの血色メイクは、デートやパーティーシーンなどのオンモードな1日にもぴったり。大人可愛いと色気の2つを叶える血色メイクで、いつもとはちょっと違う自分を見つけてみませんか?
今回は、大人女子のみなさんにおすすめしたい「オトナ血色メイク」のポイントをご紹介いたします。

血色感のカギはお肌のうるおい。ツヤ肌メイクをマスターして

基本のベースメイクが完了したら、いよいよチークです。じわっと発色する血色感を演出するためには、「ピンク系のカラーを使うこと」「クリームタイプを選ぶこと」の2つが大きなポイント。頬の中央に丸く入れるとより女性らしく可愛らしい印象に、少し下のほうに入れるとより大人らしく仕上げることができます。
また、頬だけではなく顎先や額の髪の生え際、鼻先、耳たぶなどにも少しだけつけてあげることで、より血色感がアップします。頬に塗ったときに指先に残った分のチークで、ササッと色味をプラスしましょう。

お肌の内側から溢れるような血色をチークで演出

大人っぽく上品な指先にしたい方は、クラシックな花柄を思わせるタイダイネイルがおすすめ。
ヌーディーなベージュピンクをベースに、ホワイトやコーラルピンク、カメリアピンクなどのカラーをつかって春らしいタイダイ柄を完成させましょう。
全てのネイルをタイダイ柄にするのではなく、シンプルな単色塗りとタイダイ柄をバランスよく組み合わせるのがポイントです。

思わずキスしたくなる…… うるつや血色リップ

血色メイクを大人仕様にアップデートするためには、顔全体の色味に統一感を出すことが重要です。そのため、唇に使う色もほんのりと色づくピンクをチョイスします。
リップクリームやオイルなどであらかじめ唇ケアを行っておくことも大切なポイントです。
唇に色をのせるときには口紅をスライドさせて塗るのではなく、ちょんちょんと軽くたたき込むようにして塗ることでナチュラルな血色感が醸し出されます。
よりナチュラルに仕上げたいという場合には、一度口紅を指先につけてから指で塗るという方法もおすすめです。最後の仕上げにリップグロスを唇の中央につければ、うるつやの血色リップの完成です。

トレンドのメイクは難しそうなイメージもありますが、パーツごとにポイントをおさえていくことでビギナーの方でもお手軽に取り入れることができます。
ぜひオトナならではの血色メイクにチャレンジしてみてください。

ページの一番上へ