2017夏 オーガニックまつり 開催中! 8月31日まで

ホーム コラム一覧 コラム

コラム一覧

ブランド

コラム

女子に人気の「おかゆダイエット」にはどんな魅力があるの?

(2017年2月24日)

キュッと引き締まったウエストラインやヒップ、スラリと伸びる細い脚は女性にとって憧れですよね。理想的なボディラインをゲットするためにも、ダイエットは女性にとっての永遠のテーマともいえるでしょう。
近頃では、テレビや雑誌などのメディアで数々のダイエット方法が取り上げられていますが、その中で今回ピックアップするのが「おかゆダイエット」です。
おかゆと聞くと「風邪や病気のときに食べるメニュー」というイメージがありますが、実はこれがダイエットに大きな効果をもたらしてくれるのです。トッピング次第で味を簡単に変えることもでき、お手軽に作ることができるのも嬉しいポイント。メリットたっぷりのおかゆダイエットの魅力に迫っていきましょう。

人気の「おかゆダイエット」その効果とは?

おかゆダイエットは、普段食べているご飯をおかゆに置き換えてカロリーカットをするというダイエット方法です。おかゆはご飯と比べるととってもローカロリー。同じ量のお米を使ってご飯を炊いた場合と、おかゆを作った場合では量が倍以上も異なるので、少量でも満腹感を得ることができるのです。
また、おかゆは体をポカポカと温めてくれるため代謝アップにもつながるという優れもの。アツアツのおかゆを冷ましながらゆっくりと食べることで満腹中枢が刺激されるため、満腹感とあわせて満足感を得ることもできます。
さらに、おかゆダイエットを行うことで消化と吸収、排泄の代謝スピードを速めることができ、腸内をキレイにするという効果も期待できます。

おかゆダイエットの方法とは?

メリットたっぷりのおかゆダイエットですが、その方法はとても簡単です。
基本的には、お米1:水10の五分粥を空腹時に食べるだけ。空腹時には何度おかゆを食べても良いとされているので、ダイエット特有の空腹感に悩まされることも無く、ストレスフリーで続けることができます。
しかし、おかず無しでおかゆしか食べないという極端なダイエットは栄養バランスが偏りやすく、健康や美容にダメージを及ぼすこともあります。おかゆには卵やささみ、しらすなどのたんぱく質を含む食材をトッピングするのも大切なポイントです。
また、おかゆの定番トッピングともいえる梅干しや、鮭などのおかずで味を変えてもOK。
自分なりのおいしいレシピを考案しながら楽しくおかゆダイエットに取り組みましょう。

おかゆダイエットの注意点とは?

健康的にダイエットを行うためには、守るべき注意点があります。
それは、「おかゆダイエットは2週間限定で行うこと」「水分をしっかりととること」の2つ。より効果を狙いたいからといって長期的に取り組んでも、次第に体がおかゆに慣れてくるためダイエットの効果が薄れてしまいます。栄養バランスのことを考えても、あまりに長期的なダイエットは心配点もあるもの。健康と美しさをキープするためにも、2週間限定という期間はしっかりと守りましょう。
また、ダイエット中の水分不足を防ぐためにも水分はこまめにとり、のどが渇く前に水を飲むという習慣をつけることも大切です。

無理なく楽しみながらダイエットに取り組むことができるという魅力たっぷりのおかゆダイエット。2週間という期限があることからも終わりが見えやすく、ゴールに向かって頑張るという意識が働きやすいところも成功の秘訣といえるでしょう。
憧れボディゲットのためにも、2週間のおかゆダイエットにチャレンジしてみてくださいね。

ページの一番上へ