マイ ファースト オーガニック キャンペーン

ホーム コラム一覧 コラム

コラム一覧

ブランド

コラム

旬顔を先取り! 2017年春夏のメイクを彩るトレンドカラー

(2017年2月20日)

まだまだ寒さの厳しい日が続いていますが、メイク・ファッション界には一足先に春が訪れています。 2016秋冬はボルドーやバーガンディといった深みのあるカラーを用いたメイクが流行しましたが、これからの季節はいったいどのようなカラーが流行するのでしょうか? 流行に乗り遅れないために、2017春夏のメイクで流行必須のトレンドカラーをチェックしておきましょう。

2017春夏トレンドの傾向は?

2017春夏メイクのポイントとなるキーワードは、「ペール」「パステル」「アースカラー」「アビス」「ボタニカル」など。 春夏といえば明るく爽やかなカラーが定番のイメージですが、深い海のようなアビス、春の大地や草花を連想させるアースカラー、ボタニカルなど、今年の春夏は明るすぎないカラーに注目が集まりそう。 中でも注目しておきたいのが、特に取り入れやすいパステルカラーやペールトーンを用いたメイクです。 これからの季節にピッタリの、顔周りをふんわりと彩る2つのキーワードについて詳しく見てみましょう。

華やかなパステルカラーで大胆に

パステルは、すこし白みを感じるやわらかい色合いのカラー。 派手すぎない優しい明るさのパステルカラーは、春らしくカラフルなメイクに挑戦したい方にピッタリ。華やかなパステルカラーでグラデーションを作り、目元を大胆に彩っちゃいましょう。 パステルカラーを使ったメイクのポイントは、カラーをぼかし過ぎないこと。色同士をくっきりとさせることで、やわらかい色合いでもビビッドな印象に。 寒色系同士、暖色系同士で色を組み合わせれば、くっきりした色でも失敗しにくくなりますよ。 アイメイクにパステルカラーを用いたら、チークをすこし控えめにして目元を際立たせてあげるのがおすすめです。

淡いカラーのナチュラルメイクが○

ペール(pale)とは、英語で「淡い」を意味する言葉です。今年の春夏は、薄くて肌なじみの良いカラーを用いたメイクが流行りそう。 ピンクやイエローといった春の定番カラーはもちろん、ブルーやグリーン、グレーといったカラーも、主張しすぎないペールトーンなら取り入れやすくなりますよね。 アイホール全体に単色でペールトーンのカラーを乗せれば、ナチュラルメイクでもどこかヌケ感のある軽い印象に。 フレッシュで透明感のある顔に仕上げたい方、フェミニンな印象を目指したい方におすすめのカラートーンです。

いかがでしたか? これからの季節に向けてチェックしておきたいメイクのトレンドカラーについてご紹介しました。 落ち着いた明るさの、鮮やかすぎないカラーがトレンドとなる2017春夏。 ふんわりとやわらかいパステルカラーや淡く肌なじみの良いぺールカラーを取り入れたメイクで、トレンドを押さえた旬顔を目指しましょう。

ページの一番上へ