ブライトタッチ リキッド 商品企画担当からのメッセージ:商品開発の裏話|特集

ブライトタッチ リキッド 商品企画担当からのメッセ...

ブライトタッチ リキッド 商品企画担当からのメ...

ブライトタッチ リキッド 商品企画担当からのメッセージ:商品開発の裏話


こんにちは、ナチュラグラッセ 商品企画担当の浦井です。

普段はなかなかお伝えできない、商品のこだわりや開発裏話、企画の想いなど、少しでも皆さまにお届けできればと思い、コラムを書かせていただくことになりました。こちらを通して、少しでも商品やブランドに興味を持っていただければ嬉しいです。

本日は、「ナチュラグラッセ ブライトタッチ リキッド」について、ご紹介させていただきます。




目まわりについて(重要性、特徴)


ということで、まずは目周りの大事さについて見てみましょう。



目周りって顔の中で最も肌悩みが出やすいパーツと言われています。
では突然ですが、1日の瞬きの回数って約何回か、
皆さんご存じでしょうか~?ちょっと想像してみてください!


うーん・・・1万回とか?
正解は・・・約2万回!
2万回って極端な話ではなくて、3、4秒に1回瞬きをすると考えると、
起きている時間でこれくらいの回数簡単に行っちゃうんですよね!

尚且つ、目周りって通常の皮膚の4分の1の薄さとも言われ、非常にデリケート。

あと眼窩と呼ばれる、この眼球が収まっている頭蓋骨のくぼみ部分も
ちょっとずつ加齢とともに重力で拡大していくので、
シワやたるみがこのゾーンは非常に現れやすいパーツです。
皮脂腺も少ないから乾燥もしやすいですし、皮膚も薄いから、くすみやクマもできやすいのです。


つまり、シワ・クマ・くすみといった
お悩み多発ゾーン、顔の印象は
ほぼ目元で決まると言っても
過言ではありません!



そしたら、カバーすべきは顔印象を決める目元周りってことでしょうか?
そうなんです!顔印象は目元で決まる!
逆に言うと、目元さえきちんと整えておけば、
明るい美しい印象は簡単に作れる、ということになります。
それを簡単に実現してくれるのが、今回発売したブライトタッチリキッドです。
想いの詰まった一品なので、ご紹介できるのが嬉しい!


では、最近のナチュラルメイクのトレンドを教えてください!
メイクって数年前から
どんどん素肌感を大事にしていて、
ナチュラルなツヤ肌がポイントです!
ちょっと余談ですが、6~7年前ってスニーカーで通勤してました?
当時はパンプスやヒールの方が一般的で、スニーカーってお仕事シーンでは
あまり履かなかったような…
今のように当たり前になったことに変化を感じています。

そんなファッションのカジュアル化もあって、
メイクに関しても完璧にカバーした肌というよりは、ちょっとこう完璧すぎない
抜け感のあるメイクっていうのがもうずっと主流になっている
かなと思います。

そんな抜け感のあるメイクを簡単に実現できたらいいなと思って作ったのが、
今回の部分用ファンデーション、こんなマスク生活になることは想定していなかったのですが、
目元だけが出る今のコロナ禍でのメイクにもピッタリかと思います!




ブライトライティングカバー
設計について


次に、ブライトライティングカバー設計について簡単に教えてください!
この商品はパールの光で
肌悩みをカモフラージュしてくれます!

<光で飛ばす>


まず、コンシーラーのように色材で隠ぺいして肌悩みを隠す、というよりは、
色と光の散乱効果で光を味方にしながら、肌悩みをカモフラージュしてくれる
色材とパールの巧みなバランスにこだわったアイテムになっています。

あとはご覧いただいているお客様の中でも愛用いただいている方多いかなと思うのですが、
ナチュラグラッセの代表商品である、「メイクアップクリーム」と
ぜひ一緒に使っていただきたいという思いがあったので、
メイクアップクリームとの相性の良さや仕上がりのバランスにもこだわって作りました。

メイクアップクリームで作った素肌感のあるつややかなベースを活かしながら
カバーしきれなかった目元の悩みをカバーしていただくようなイメージです。


<3色各々の厳選パールのこだわり>


今回はオレンジベージュ、ライトベージュ、ピンクベージュの3色をご用意しております。
パール感の強い順で言うと、オレンジベージュ → ライトベージュ → ピンクベージュです。



一番パール感の強いオレンジベージュは、
ヘルシーな肌色の方や青クマにお悩みの方におすすめのカラーになっています。
オレンジが青の補色になりますので、青クマを補正しながら、
シルバー、偏光レッド、偏光ゴールドの複雑な光が、
色ムラをぼかしてつややかな肌に仕上げてくれます。

続いては、ライトベージュ。
こちらは一番ベーシックにお使いいただけるカラーかなと思っていまして、
目周りって少し明るくするだけでもイキイキと見えてくるので、
ハイライトのような感覚で目元を明るく見せたい時にお使いいただけるかなと思います。
偏光レッドと偏光ゴールドの肌なじみしやすいパールが配合されています。

最後にピンクベージュ、こちらは偏光レッドの微細なパールが配合されており、
くすみが気になる方やイキイキと見せたい方にお勧めです。
こちらのカラーに関しては目元に限らず、頬からこめかみ等、広く塗っていただくこともおすすめで、
マスクから出る肌の部分にちょっと血色感があるだけでイキイキと柔らかい印象って作れると思うので、
普段ファンデーションではピンク系選ばない方にも、部分用だからこそ、
お試しいただきたいカラーになります。


なるほど!ピンクは苦手でしたが、意外と色々と使えそうですね!
あえて、普段選ばないカラーをチョイスするのも
いいと思いますよ!
では、まとめてみましょう!

オレンジベージュ
青グマが気になる方や、健康的な印象にしたい方にオススメのカラーです。ヘルシーな雰囲気にしたい時に。
ライトベージュ
目元が暗くなりやすい方にオススメのカラーです。オールマイティなシーンに使えます。
ピンクベージュ
くすみが気になる方や、華やかな印象にしたい方にオススメのカラーです。フェミニンな雰囲気にしたい時に。




処方のこだわり


では、処方のこだわりについて教えてください!
今回一番皆さんにお伝えしたかったのが、
この処方のお話なんです~!

<密着アイクリーム処方>


このブライトタッチリキッドは、密着アイクリーム処方と言いまして、
アイクリームのような密着感・保湿力のあるベース処方というところにこだわって作りました。

実際にブライトタッチリキッドから色材の粉を抜いた処方を見てみると、
モチっとしたクリームベースがピタッと密着する感じになっています。

中には植物由来のセラミド類似成分*ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)(保湿) や、
お肌にハリつやをもたらすコラゲニア™*シロバナルーピン種子エキス(ハリ)という成分、
美容成分豊富なアボカドオイル(保湿)、肌荒れを防いでくれるグリチルレチン酸ステアリルなど・・・
アイクリーム級のリッチな成分がたっぷり入っています。
なので、まさに目元美容液!メイクする度にうるおいをしっかり目元に補給してもらえるアイテムです。


<スキンケア発想の処方設計>


ナチュラグラッセのお約束としては100%天然由来成分を使用しています。
石油系由来成分やシリコン、パラベン、合成香料などを一切使用せずに作っており、
仕上がりや感触の部分も天然由来の成分で追及しています。

そのため、そのままスキンケアとして使える処方に
天然ミネラルで色づけたようなアイテムばかりなんです。




ナチュラグラッセは弊社ネイチャーズウェイという会社が
元々自然派のスキンケアを長年製造してきた会社だからこそ、
まさに「スキンケアを天然ミネラルで色づけた」という発想で開発できたのかなと思っています。

ついでにお伝えすると、自然派のベースメイクって製品の安定性や防腐のコントロールが難しいので、
リキッドものよりも割とパウダーアイテムの方がイメージが強いと思うのですが、
ナチュラグラッセは長年のスキンケア研究や技術が土台にあるからこそ、
リキッドものが得意という特性もあるんです。


<石鹸オフについて>


今回の処方では石鹸オフという点も重視しながら開発を進めておりまして、
どうしてもアイクリームのように濃密なオイルを配合していると、
日中使うには少し使用感が重すぎてしまったり、石鹸で落ちにくかったり・・・という
課題あったのですが、今回は、濃密なオイル配合しつつも、
水性ベースの処方に定着性の高いオイルを分散させることで、
みずみずしい使用感と石鹸オフという使用性を実現しています。




やわらかな膜を作ってピタっと密着してくれるアビシニアンオイル*クランベアビシニア種子油フィトステロールエステルズ(保湿)や、
ナチュラグラッセのリップオイルにも含まれる非常に濃密な水あめ状のオイル*ダイマージリノール酸ダイマージリノレイル(保湿)を配合し、
アイクリーム級のうるおい感がありながらもべたつかない仕上がりになっています。




使い方のポイント


では、使い方のポイントを教えてください!
こだわりたっぷりの
やわらかロングチップを活用するのが
ポイントです。

目の下に3点置きしてもらってから、叩き込むよりも
アイクリームを塗り込むように伸ばしていただくのがお勧め。
チップもこの長さと柔らかさにこだわって選定していて、
しなり感のあるチップなので、デリケートな目元にもすごく優しくタッチしていただけますし、
狭い範囲に塗る時は先端だけで点置きすることも、頬全体に塗りたいときは、
線を描くように乗せることも思いのままなんです。


また、本当にポーチにもポケットにも入るサイズなので、
たとえばブライトタッチ リキッドと「タッチオンカラーズ」さえ入っていれば、
朝のメイクの復活はできる、スキンケア感覚だから便利ですよ!




そもそも何故開発したか


では、ここからは裏話を聞かせてください。まず、なぜブライトタッチ リキッドを開発したか、教えてください。
メイクアップ クリームと
一緒に使える部分用ファンデーションが
ほしかったからです。

理由は2点。1点目はメイクアップクリームってすごく便利でご愛用者も多いアイテムですが、
もう少しきちんと感を出したい時にどうしたら良いですか?のお問い合わせが多かった。
であれば、一緒に使うことで、ご満足いただけるプラスワンアイテムを作りたかったわけです。

2点目は自分自身、お直しの時に使える、小さいサイズのリキッドファンデーションが欲しいなっと。
お客様からにも、スキントリートメントファンデーションを持ち歩いていますが
大きいからちょっと不便ってお声が入って、きっとそう思っている方は多いんじゃないかな~と。
意外とリキッドで小さくて石鹸で落とせるものって他社様含めあまりなかったんですよね。

出来上がるまでかかった時間、経緯


なるほど・・・出来上がるまでかかった時間や、経緯を教えてください。
こちら起案から2年半かかって、
ようやく発売を迎えられた商品になります。

ナチュラグラッセは独自の成分基準があるので、基準内の処方の中で納得いくものを仕上げてもらうのに
開発担当者と何度もやりとりしたり、ナチュラグラッセはベーシックなアイテムが多い中で、
割とニッチな商品となる今回の商品は必要なのか?等、チーム内で色んな議論が重ねられ、
数々のハードルを乗り越えて発売に至った商品なんです。

ただ、時間がかかった分、しっかり練れたと言いますか、
ベースの保湿試験でも肌に対してよいデータがが取れましたし、
よいものができたなという実感があります。

出来上がるまでに一番苦労した点


出来上がるまでに一番苦労した点はありますか?
処方開発の部分と商品名ですかね・・

一つ目はやはり処方開発の部分、独自の開発基準により使用できない原料があるため、
ナチュラグラッセの場合は、各植物オイルの特性を把握してそれぞれに組みあわせて作っています。
なので、もっとこっくりまろやかに、とか密着するけど、
ムラにならないようにとか、細かいオーダーをきいてくれた開発に感謝しています。

あとは、もう一つは商品名ですね。
この子、実は提案時から、呼び名が3,4回変わっていまして、
当初はお化粧直しのイメージでリタッチっていれようかとか、
目元用が分かるようにアイゾーンとか、何者か分かりやすいようにファンデーションって入れたいとか・・・
色んなご意見ございまして、最終的に命名したのがブライトタッチリキッドになります。
光で飛ばす部分用ファンデーション、ということが伝わる名前になったかなと思います。


なるほど・・面白いエピソードですね!
結果的にはとても気に入っています~!




おわりに


本日はありがとうございました。最後に一言コメントありましたらお願いします。
私もそうですが、
目元ってお疲れサインが出やすい部分。
疲れた時もササっとアイクリーム感覚で
カバーできるので、是非お試し下さい!

いかがでしたでしょうか?
普段はなかなかお伝えできない、商品のこだわりや開発裏話、企画の想いなど、お楽しみいただけましたでしょうか?
すでにたくさんの方からレビューをいただいております。皆様の率直なレビューはこちらからご確認いただけます。
まだお試しされてない方は、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

一覧ページへ