美容オイルの正しい順番!効果的なスキンケア手順を解説|スキンケア

美容オイルの正しい順番!効果的なスキンケア手順を解説...

美容オイルの正しい順番!効果的なスキンケア手順を...

美容オイルの正しい順番!効果的なスキンケア手順を解説

スキンケアに美容オイルを取り入れるのが流行っていますが、使用する際の順番はどうしたらいいのか分からないという方も多いのではないでしょうか。今回は美容オイルの種類やスキンケアの中で取り入れる順番を紹介したいと思います。 美容オイルを使ったスキンケアは人気を増していますが、普段行っているスキンケアの順番の中のどこに取り入れたらいいのでしょうか。
美容オイルの保湿効果を実感するためには順番がとても重要です。

また、美容オイルといっても、さまざまな種類のものがあります。
そこで今回は、美容オイルの種類やスキンケアの中で取り入れる順番を紹介したいと思います。

美容オイルの種類

美容オイルには、主に石油由来の材料で作った「ミネラルオイル」と、天然の植物から抽出した「オーガニックオイル」、サメや馬などの動物の脂を原料とする「動物油脂」があります。
石油由来の成分は皮膚の敏感な方がかぶれを起こしたりすることもあるため、植物由来のオーガニックオイルや動物油脂をおすすめします。
その中から、今回は以下のオーガニックオイルをご紹介します。

アーモンドオイル

アーモンドオイルは、敏感肌の方でも使えるほど低刺激なので、顔だけでなく、ボディマッサージ用としても使えるマルチなオイルです。 食用としてもなじみのある材料なことからもわかるように、ビタミンEやオレイン酸などのからだに良い成分が含まれています。 無臭でさらっとした使い心地で、浸透力も抜群なので、一本持っていると乾燥が気になるこれからの季節にはとても便利です。

ローズオイル

ローズオイルはバラから抽出されるオイルですが、とれる量がごくわずかなため、大量のバラを使わなければ作れない贅沢なオイルです。 特徴はなんと言ってもローズの上品で華やかな香りです。 ローズの品種によっても香りが異なり、自分が好きな香りの品種を選んで使えば香水のように好きな香りを楽しむこともでき、最高のリラックス効果を発揮してくれます。

ホホバオイル

ホホバオイルはメキシコなどの砂漠に自生するホホバという植物の種子や実から取れる油脂です。 その他の植物油脂と比べても酸化しにくく、安定して保存期間が長いという性質があります。 また、成分の分子構造が人の肌と似ていることから、継続して使用してもかぶれなどのトラブルを起こしにくいため、敏感肌の方が初めて使う一本として最適といえるでしょう。

ハーブオイル

ローズオイル同様、ハーブから抽出したオイルは香りが豊かでヒーリング効果が抜群です。ラベンダーは安らかな香りが疲労回復や心地よい眠りをもたらしてくれます。他にも柑橘系の植物から抽出されるフレッシュな香りは元気になりたいときなどにおすすめです。

スキンケアに取り入れる順番

スキンケアに美容オイルを取り入れるには主に4種類の方法があります。

化粧水の前に使う

化粧水の前に使う美容オイルは「ブースター」と呼び、その後に使う化粧水の浸透をよくさせる働きがあります。 肌をやわらかくして水分を吸引する力が増すのでより高い保湿を期待できます。 適しているオイルは、アーモンドオイルやホホバオイルなどの肌に優しく、浸透力の高いオイルです。 洗顔後の清潔な肌にさっとのばし、その後、化粧水、乳液と通常のスキンケアを行いましょう。

化粧水の後に使う

洗顔を終えて化粧水を塗った後に美容オイルを使うのもおすすめです。 一般的に化粧水は肌に水分を与える役割がありますが、化粧水を塗っただけでは油分のバランスが取れずに肌が乾燥し、かえって皮脂が多く分泌されてしまうことがあります。 美容オイルを化粧水の後にすぐ塗ることで、肌にうるおいと油分が与えられ、バランスのいい肌が実現されるのです。 化粧水を肌になじませ、少し水分が残っているときに美容オイルを伸ばすと、肌なじみがアップしますよ。

一番最後に使う

スキンケアの一番最後に使う場合、一連のスキンケアで取り込んだ水分に蓋をするという意味をもちます。 肌の表面にオイルの薄い膜を作り、肌の奥にしみこませた化粧水や乳液の蒸発を防ぐのです。 そのため、適しているオイルはローズオイルやハーブオイルなどの香りが豊かでリラックス効果のあるオイルです。 おすすめは、就寝前のスキンケアの最後に使うことです。香りがもたらすリラックス効果が良い睡眠を誘発してくれるでしょう。

お顔のマッサージに使う

週に一回くらいのスペシャルケアとして、お顔のマッサージに使う方法もあります。肌に摩擦が起きないように、オイルは500円玉大くらいをたっぷり使うのがポイントです。滑りが悪くなったと感じたら、オイルを都度足すようにしましょう。また、手のひらをあわせてオイルをあたためると、オイルの成分が肌に浸透しやすくなる効果が期待できるのでおすすめです。
オイルで顔をマッサージすることの効果として、まずはニキビや毛穴の黒ずみの原因になる角栓をケアできるという点があります。また、マッサージをすることによってリンパの流れがよくなると、顔のむくみが取れ、フェイスラインがすっきり見える効果もあります。マッサージ後は、蒸しタオルを顔に30秒ほど乗せると、成分の浸透を助けてくれてやわらかい肌になるので、是非一度お試しください。

肌タイプ別のスキンケア手順

乾燥肌

乾燥肌は水分も少なく皮脂の量も少ないため、肌がかさつきやすく乾燥で肌荒れも起こしやすいのが特徴です。乾燥肌は化粧水の前にオイルを取り入れるブースターオイルとしての使い方がおすすめです。それでも乾燥が気なる方は、化粧水にオイルを2~3滴混ぜて塗ってみるのもいいでしょう。しっとり重めのオイルがおすすめです。また、週1回ほど、オイルマッサージを取り入れて肌をしっかり乾燥から守りましょう。

インナードライ肌(混合肌)

インナードライ肌は、皮脂が多く油っぽいのに対し水分が少ないのでかさつきやすい肌です。インナードライ肌にはさらっとした使用感が軽めのオイルがおすすめです。化粧水をつけたあとに、手にまだ化粧水が残っている状態でオイルを1~2滴垂らし、両手でお肌になじませえるようにしましょう。化粧水のあとに美容オイルを塗ることによって、肌に閉じ込めた潤いを逃さず、しっとりした肌をキープできます。乾燥が気になり始める秋冬は、週に1回ほどオイルマッサージを取り入れることをおすすめします。マッサージの回数は肌の状態をチェックしながら調整してみてください。

脂性肌

脂性肌は水分量も多めで皮脂量も多いため、潤いはありますがベタつきやすいのが特徴です。そのため脂性肌だと油分を気にしてどうしてもオイルを避けてしまいがちですが、正しく使えば脂性肌にもオイルは有効に活用することができます。しっとりするテクスチャーのオイルはベタつきが気になってしまう可能性があるため、油分の少ないさっぱりとした使用感のオイルを選んでみましょう。オイルは顔全体に使うよりは、気になるポイントだけ少量を部分使いするのがおすすめです。

普通肌

皮脂分泌量が適度で、肌の保湿状態も良い普通肌は、比較的に肌トラブルを起こしにくい健康的な肌です。普通肌の人は、スキンケアの導入にブースターオイルとして使うといいでしょう。額や鼻のようなテカりがちな部分は避けて、自分の肌にあわせてつける場所は量を調整してみましょう。

おすすめの商品


チャントアチャーム
ディープ モイスト オイル
3,520円

チャントアチャーム
リフレッシュエッセンスミスト
2,750円

ヴェレダ
アーモンド フェイシャルオイル
3,520円

ヴェレダ
ざくろ フェイシャルオイル
6,600円

おわりに

いかがでしたか。今回紹介したオイルはほんの一部です。
いくつか試して、成分や香りが自分の肌に合うお気に入りの一本をを見つけましょう。

美容オイルをスキンケアに取り入れて、乾燥が気になる季節にしっかり保湿して美しい肌をキープできるように心がけていきましょう。


一覧ページへ